第二課試験 救いの確信

この試験は正誤問題試験です。次の文のうちに、聖書に合っている文と、合っていない文とがあります。第二課とそれに伴う聖書の節を読んで、下記の文を読んでください。下記の文が聖書と第二課に合っていれば「 O 」 を、違っていれば「 X 」 を入力してください。

試験を受けて、提出するには、

  • ブラウザでこのページのすべてを選択して、コピーします。
  • 電子メールの新しいメッセージの中にペーストします。
  • 「O」あるいは「X」の答えを入力します。

「 」(1)クリスチャンの救いの確信は感情に関することです。

「 」(2)キリストを信じる人は、自分が救われたかどうか、死ぬまで知ることは出来ません。
 
「 」(3)クリスチャンは決して罪を犯すことは出来ません。

「 」(4)教会の牧師は人に救いの確信を与えることが出来ます。

「 」(5)ヨハネ第一 5:13 によると、キリストを受け入れた人が永遠のいのちを持っているのをよく知ることが出来ます。

「 」(6)クリスチャンの日々の感情は決して変わらないので、感情に頼った方が良いのです。

「 」(7)クリスチャンが自分の救いを疑うとき、聖書の中にある神の約束を読むべきです。

「 」(8)聖書に書いてあるとおり、イエス・キリストを信じる者は救われるのです。

「 」(9)救われた人がほかの救われた人々を愛するのは、救いの確認の証拠の一つです。

「 」(10)救いの確信は、聖書の約束を信じることによるのです。

第二課に戻る    第三課に進む