第八課試験 神のみこころを求めること

この試験は正誤問題試験です。次の文のうちに、聖書に合っている文と、合っていない文とがあります。第八課とそれに伴う聖書の節を読んで、下記の文を読んでください。下記の文が聖書と第八課に合っていれば「 O 」 を、違っていれば「 X 」 を入力してください。

試験を受けて、提出するには、

  • ブラウザでこのページのすべてを選択して、コピーします。
  • 電子メールの新しいメッセージの中にペーストします。
  • 「O」あるいは「X」の答えを入力します。
  • 完成された試験をnayororandy@gospeltojapan.orgへ送信してください。

「 」(1)神のみこころに従うのは、すべてのクリスチャンの最も高い目標であるべきです。

「 」(2)もし神はあなたの祈りの願いをすぐにお答えにならないならば、神にそれが聞こえなかったからです。
 
「 」(3)クリスチャンは神のみこころをはっきりと知ることが、出来ません。

「 」(4)聖書の歴代誌第二17:16に、神に委ねた人アマスヤの例が書いてあります。

「 」(5)神は、教会の牧師にだけご自分のみこころを表わして下さいます。

「 」(6)神がクリスチャンを導いて下さる方法は、一つしかありません。

「 」(7)神のみこころを求める人は、事情、気持ち、不思議な経験に頼ってはいけません。

「 」(8)神は、人には神のみこころがとても分かりにくいであると望んでおられます。

「 」(9)告白していない罪はクリスチャンの祈りを妨げるものです。

「 」(10)クリスチャンは聖書をゆっくり学び、深く考えて、期待すれば、神は必ず導いて下さるのです。

第八課に戻る    第九課に進む