第一課試験 神が世に入られたとき

この試験は正誤問題試験です。次の文のうちに、ヨハネの福音書に合っている文と、合っていない文とがあります。ヨハネの福音書の1章1節~18節と、第一課とを読んで、下記の文を読んでください。下記の文がヨハネの福音書と第一課に合っていれば「 O 」 を、違っていれば「 X 」 を入力してください。

試験を受けて、提出するには、

•ブラウザでこのページのすべてを選択して、コピーします。
•電子メールの新しいメッセージの中にペーストします。
•「O」あるいは「X」の答えを入力します。
•完成された試験を
nayororandy@gospeltojapan.org へ送信してください。

(例)「O」 キリストは神の御子息です。

「 」(1) ヨハネの福音書は、神の御子息イエス・キリストの生活の記録です。

「 」(2) 神の御子息は、「ことば」と「光」と呼ばれています。
 
「 」(3) 初めに、神はそのことばを造られました。

「 」(4) 神の御子息は人々に神への道を教えて下さいます。

「 」(5) バプテスト・ヨハネはその光ではなく、ただその光について証をしました。

「 」(6) 両親がキリストを信じて、神の子供になるとき、その両親の子も自動的に神の子供になります。

「 」(7) キリストがこの世に来られたとき、すべての人が喜んでキリストを受け入れました。

「 」(8) モーセは立派な預言者なので、恵みとまことはモーセによって実現しました。

「 」(9) 宇宙の万物は、進化論の教えのとおりに、造り主無しで、自然に現われました。

「 」(10)キリストを信じる人は、神の子どもになります。

第一課に戻る         第二課に進む